読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうでありたい。

f:id:momnn:20161115232855j:image

ごめんなさいを言おうとしたら、謝りたい相手はもうこの世にはいなかった

あの震災のあと、ある女の子がそう言った

淡々と、そう言ったのだ。

その姿が 言葉が あれからもう何年も ずっと私をとらえて離さないのだ

いつも私は心の奥底で 明日死ぬかもしれない。 そんな事を思いながら生きている。
嬉しかったら感謝の言葉を伝え

傷つけたら一息ついてでも早めに謝罪の言葉を伝え

愛しいが溢れたらハグをする

いつか悲しい別れがあるとき きっと私は何かしら後悔をするんだから

ごめんなさいもありがとうも愛してるも

伝えたい相手がいるのなら 手を伸ばして届く場所にいるのなら
自分のために、相手の為に、素直でありたい。

そしたら笑顔で 少しでも多くの時間を笑顔で過ごせる、そんな気がするから。