金木犀の香り

f:id:momnn:20161117135150j:image

金木犀の香りは、一気に子ども時代へ記憶をフラッシュバックさせる
実家の庭には金木犀

夏が終わって冬になる前の一瞬の季節
金木犀の香りの濃さが増していくのだ

空気が澄んだ秋
朝窓をあけるとス――っと冷たい空気が入ってくる
金木犀の香りも入ってくる

そんな事を思い出す
ある日、勉強会へ向かう途中
金木犀の花びらが足元に散らばっていた

そこに香りはなかったけど、記憶が匂いをつれてきたような

金木犀の香り

縁側に座る、幼い頃のわたしが居た