うっかりと

f:id:momnn:20161202171900j:image

いまさらだけど
友だちに西加奈子の「うつくしい人」を教えてもらった。
本当、いまさら感満載なのは百も承知だけど
私はこの小説のことを知らなかったのです

早速図書館で(買え)彼女の本を予約しまくり
順次、ご用意できましたメールが来るたびに本を借りに行く

まっさきに手本にきたのが
「この話、続けてもいいですか?」という彼女のエッセイ本
なんとも軽快で、ぶっと吹き出してしまったりうなずいてみたり。
彼女ほどぶっ飛んではないけれど、何か自意識過剰というか、
いやいや、そんな思うほどだれもあなたの事見てないですよ、なんて声が聞こえてくるような。自分の一番くだらない自我を目の当たりにさせられた。
といってもとりあえず、笑える、面白い

この本の一文で、うっかり30歳になってしまった
という言葉
何度も眺めてにやけています

うっかり、30歳になったのだ。うっかり
なんでしょうか、、ずるい。

今年、うっかり34歳になります(早生まれだからまだ)
うっかり34歳になるもんだから、とんでもない色の靴下を平気ではいてみたり
今すぐにでもヨガができそうなカラフルなニットパンツ(キッズもの)はいたり (本当にそのまましちゃうんだけど)
たまにはビシッと革靴はいて仕事に行ったり。

まなみさん、何歳なんですか?
え!?嘘、年下かと思ってました!
そんな言葉は耳タコ
年齢不詳の私は、うっかり歳とっちゃったもんだから
やることも話すことも、うっかりしてます。

9月からある勉強をずっとしてました
先週試験が終わり
もう結構ギブ、、、というところまでいってたので
久しぶりの自分時間を楽しもうと、やっと羽を休めております

今日は仕事のあとに生音あそび。

あっという間に終わりそうな12月
予定がどんどん詰まってきて
またアップアップするんだろう。
うっかり年明けちゃって。
本当に誕生日がきちゃったりね。