読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思い出すこと

f:id:momnn:20170407173651j:image

何年前だろう
なんて調べてみたら2000年の作品だった

17年も前
あの頃は暇さえあれば、ビデオを借りたり
映画館へ行ったり。
いつも映画のある生活をしていた

だからといってそれぞれの作品を評価したり
記録したりなんてしていない
ただ、映画を観ることが好きだった
映画館という、あのスペースも。とても好きだった

ペイフォワード
17年も前ということは、まだ10代のころ。
世間では、駄作だ。という声もあったみたいだけど
10代のわたしの心は鷲づかみにされた
あれからもう何年も、ことあるごとに思い出すのは
ペイフォワードの精神で。
前に前につなげていく大切さは、とてもシンプルなんだけど

忘れがちで
それを忘れちゃいけない、そう思ってるのか。ふと思い出す

それは優しさにふれたときや
幸せに溢れた笑顔をみたとき
逆に悲しみや苦しさにふれたとき
そこに引き込まれるかのように連鎖する自分の心を感じた時

少しでも幸せが
少しでもたくさんの笑顔が
そこらじゅうに溢れてほしいから
幸せの連鎖、笑顔の連鎖

ペイフォワード
可能の王国
作品自体はさておき(置くのか)、10代のわたしには揺さぶられる言葉がたくさんあった
そんな記憶